表示モード: スマートフォン |

矯正歯科

矯正治療とは?

咀嚼とは食べ物を細かく噛み砕き、唾液と混ぜ合わせる働きを言います。咀嚼が十分に営まれるには、歯はもちろんのこと唾液の分泌、嚥下機能(舌の運動)、顎関節などの共同作業が重要になります。そのためには食べ物を噛み切るための前歯と食べ物をすりつぶす臼歯が正しく配列し、上下の歯が正常に咬合することが大切です。
近年、豊食から飽食、そして崩食の時代へと変化し、子供達の食習慣の乱れによる健康への影響が心配され、食育が求められています。現代の子供たちの大好きな食事は軟らかいものばかりです。軟らかい食べ物ばかり食べていることにより、噛まない子、噛めない子が増えてきています。その結果、顎の発育や形態に変化がおき、不正咬合(歯並びの悪い状態)の増加や全身に対してさまざまな弊害が生まれています。
矯正治療とはこのような歯並びの悪い状態を治し、審美的改善のみならず、口腔の機能と形態を正常にしていくものであります。それにより美しく、健康な笑顔と身体を手に入れることができるのです。
子どもの矯正は、早く始めるほど負担も費用も軽くてすみます。
矯正

矯正治療とは?

異常に気がついたらなるべく早く、矯正歯科医にご相談されることをお勧めいたします。お子様の場合、顎と歯の成長を観察しながら、一番よいタイミングで治療を開始していきます。日本やアメリカでは、年齢的に7歳ぐらいから開始することが勧められています。

矯正装置のご紹介

矯正装置

床装置

バイオネーター

バイオネーター深い噛み合わせを正常な咬合に矯正していく装置です。
1日10時間を目安に装着するようにしましょう。
寝る前は必ず装着してください。

拡大床

拡大床狭い顎を広げて、歯の並ぶスペースを作る装置です。
週に1度ネジを回して、スお知を拡大してください。(先生の指示に従ってください。)
1日10時間は装着するようにしましょう。寝る前は必ず装着してください。

リテーナー

QHきれいになった歯並びの後戻りを防止する装置です。家にいる時は、極力装着するようにしましょう。装着しないと歯並びが元に戻ってしまいます。寝る前は必ず装着してください。

ダイナミックボジショナー

ダイナミックボジショナー1回10秒間軽く咬み合わせることを1日20回行いましょう。保定の意味でも使用します。
寝る前は必ず装着しましょう。※ いずれの装置も正しく装着してください。装着しないと装置の効果は得られません。
取り扱い
  • この装置は、レジンと呼ばれる樹脂でできています。熱により変形するので、熱湯消毒はしないでください。
  • 食事をする時は装置が変形するので必ず外して下さい。
  • 装置は外したら必ずブラシできれいに洗ってから、専用のケースに入れて保管しましょう。
    また、週1回は、除菌洗浄剤を使って除菌しましょう。
  • しっかり装着できたことを確認して、お口を閉じましょう。装置がきちんとはまっていない状態でお口を閉じると、装置が割れたり、変形する可能性があります。
  • 診察で来院する時には、装置と歯ブラシを持ってきてください。

矯正装置

マルチブラケット

QH1本1本に歯にアーチワイヤーを連結し、ワイヤーの弾性により、歯を移動させていくための装置です。

LA(リンガルアーチ)装置

QH保定装置です。
乳歯が早期に抜けてしまった場合等に、他の歯が移動してしまうのを防ぐ装置です。

QH(BH)装置

QH上顎・下顎を広げて、歯の並ぶスペースを作る装置です。
注意点
  • 複雑な装置ですので汚れがつきやすく取れにくいので、虫歯や歯肉炎になりやすくなります。食事の後は必ず歯磨きをしてください。
  • 装置を装着した日や調整を行うと痛みが出ることがあります。これは、歯に力がかかり歯が動いている為に起こるものです。
    数日で痛みは治まりますが、我慢できない時はお渡ししている痛み止めを、服用してください。
  • 装置が外れたり、変形したり、顎や歯肉にワイヤーが刺さって痛い場合は、早めに連絡してください。
  • 硬い食べ物や肉類は、なるべく細かく切って食べる様にして下さい。
    また、粘着性のある食べ物(ガム・アメ・キャラメル等)は、食べないようにしましょう。装置が壊れたり、外れたりする原因になります。
  • 診察で来院する時には、歯ブラシを持ってきてください。


PAGE
TOP